脱音痴でカラオケが好きになるサイト

自宅でプロのレッスンを体験して音痴を克服しよう

音痴を克服する手っ取り早い方法ってやっぱりボイストレーニングに通うことですよね。

プロの先生のレッスンを受ければ唄い方のコツやリズムの取り方など、詳しく指導してもらえてあっという間に歌唱力が上達します。

でも、近くに教室がなかったりレッスン代が高かったりしてなかなか通えないのが現状・・・。

そんな方におすすめなのが、「音痴克服DVD」

これはフジテレビの企画で、2週間で音痴の女性を上達させたという実績を持つイケメンボイストレーナーのメソッドがつまった教材です。

レッスンに通わないと教えてくれないような特訓法やトレーニング方法を収録、またボーナス特典としてメンタルトレーニングブックやメールサポートなどもあり、自宅でこっそりと音痴克服の練習ができます。

値段は9800円で90日間の返金保証もあるので、本気で音痴を克服してカラオケ上手になりたい!という方はぜひ試してみてはいかがでしょう。

>>「音痴克服DVD」の詳細はこちら<<


カラオケで失敗した会社の接待

まだ学生の方はいまいちピンとこないかもしれませんが、社会人になったら必ずカラオケは必要になってきます。
なぜ社会人でカラオケが必要なのか。それは二つの理由があり、一つは会社の同僚、上司たちと親睦を深めるためにしばしばカラオケが利用されます。

 

カラオケという娯楽はすべての年齢層に向けて有効的であり、世代関係なく楽しむことができるからです。
例えば50歳の上司と20歳の会社員がカラオケに行ったとしても、お互い世代の違いはあるものの、楽しむことはできますね。
「あっ、この曲聞いたことあります」などと上司との関係も良好に築くことができるでしょう。

 

そして、もうひとつの理由は会社の接待にカラオケが必要になってくるときがあるのです。

 

会社の接待でカラオケに行くことも

接待とは取引先のお客様と良好な関係を築くために、信頼関係の一環として会社外で取り繕う商談方法です。
商談とは言っても仕事の事は忘れてお酒を飲んだりカラオケへ行ったり、または夜の街に繰り出すこともあります。

 

「でもカラオケに行くのは若い人たちでしょ?」
と誤解されている方も多いかと思いますが、カラオケの全盛期時代はバブル時代ですので、いまの50代あたりの人がカラオケ最盛期と言えます。
70年代80年代の歌は現在でも唄われ続けていますし、その年代に生きた方たちは昔を想って現在でもカラオケに足を運んでいます。

 

自分の会社をひいきしてもらうため、取引をしてもらうためにも接待はこのご時世でも必要な習慣となっています。

 

カラオケ嫌いの営業マンの失敗例

入社二年目の営業マンのA君は既存顧客の新たな製品の商談に向かいました。
商談相手は部長の50代半ばの男性でした。
かなりの重役なことからA君は緊張気味で商談に臨みました。

 

すると、一通り話し終えてから、相手先の部長からこんな話が出ました。
「実はもう一社から見積もりを貰っているんだよね。そっちの方が値段も安いし、今悩んでいるんだ」
A君の会社ではこれ以上値下げはできないため、なんとしてでもこの値段で取引を成立させなければなりません。
そして、A君は接待を持ちだしたのです。もともと部長とは面識がありましたし、一緒に居酒屋に行って酒飲み接待をしたこともあったため、今度もその方法をA君は考えていました。
そして案の定部長はA君の話しに乗ってきて、二人はその夜居酒屋で酒を飲み交わしました。
「やっぱりA君の会社から製品を買うことにするよ」
と部長の言葉でほっと一安心したA君とはよそに、「次はカラオケでも行くか!」と部長が切り出しました。

 

実はA君はカラオケが大の苦手。歌番組はよく見るのですが、カラオケには何年も行っていないので正直唄う自信はありませんでした。
しかし、A君は「今日はこのへんで…」と言うと部長は眉間に皺を寄せて機嫌を悪くしてしまったため、慌てて訂正して結局カラオケに付き合うことになったのです。

 

実際は部長の独壇場で、独りでずっと唄っていたのでA君は聴きながら手拍子を行うだけでよく、一安心でした。
しかし、部長の唄う歌は古くてまったく分からなく、その空気が部長に伝わってしまったのか、部長はなんだかご機嫌斜めになってきました。
そして、部長に促されて自分も唄うはめに。A君が知っている曲はいまどきの歌なので、それを唄っていると、部長がさらに不機嫌になって、「いまどきの歌はいいものがないな」
などと言われる始末です。

 

結局カラオケはすぐに切り上げて、部長の機嫌は取り戻せないままあえなく終了してしまいました。

 

カラオケには世代を注意

もしA君がカラオケ好きであったら部長が好きそうな年代の曲も歌えるであろうし、部長も喜ばせることができたはずです。
「こんな古い歌知ってるのか?!君いいね!」と言った具合にです。

 

接待においてカラオケとはあくまでも相手を楽しませて気分をよくさせることに意義がありますので、ただ自分の好きな歌を唄っていてはいけません。
また、相手の唄う歌を知っているのと知らないのとでは、無意識にでる自分の反応に違いがあります。

 

企業の中には接待を禁止している社風もありますが、依然として接待は存在しますし、カラオケも重要な位置を占めています。
社会にはいって取引に失敗しないためにも、カラオケは一つの武器であることを認識しておいた方がいいでしょう。

カラオケで失敗した会社の接待関連ページ

飲み会、合コンでカラオケは必要不可欠
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
バラードで女性の見る目が変わる
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
学校の人気者に。男女にモテる秘訣
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
みんなが盛り上がっている中自分は孤立
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
友達とカラオケに。でもいつの間にか自分の音痴改善会へ
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
プロが唄っても100点は取れないのが採点マシーン
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
唄わないと場がしらける。でも唄えない
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
高い声で唄うのが常識。採点マシーンと声調のからくり
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?