脱音痴でカラオケが好きになるサイト

自宅でプロのレッスンを体験して音痴を克服しよう

音痴を克服する手っ取り早い方法ってやっぱりボイストレーニングに通うことですよね。

プロの先生のレッスンを受ければ唄い方のコツやリズムの取り方など、詳しく指導してもらえてあっという間に歌唱力が上達します。

でも、近くに教室がなかったりレッスン代が高かったりしてなかなか通えないのが現状・・・。

そんな方におすすめなのが、「音痴克服DVD」

これはフジテレビの企画で、2週間で音痴の女性を上達させたという実績を持つイケメンボイストレーナーのメソッドがつまった教材です。

レッスンに通わないと教えてくれないような特訓法やトレーニング方法を収録、またボーナス特典としてメンタルトレーニングブックやメールサポートなどもあり、自宅でこっそりと音痴克服の練習ができます。

値段は9800円で90日間の返金保証もあるので、本気で音痴を克服してカラオケ上手になりたい!という方はぜひ試してみてはいかがでしょう。

>>「音痴克服DVD」の詳細はこちら<<


発声練習をしよう

ここでは日頃から行いたい発声練習の方法に関してまとめたいと思います。
まず発声練習は常に喉と声の状態を自分の理想に維持するための必要不可欠な練習です。
もちろんプロの歌手を目指す方でないかぎりは毎日欠かさず行う必要もありませんが、時間に暇があったときは意識して練習すると音痴改善への道が近くなることでしょう。
発声練習を効果的にするには食事療法や腹筋のトレーニングもありますが、このサイトではあくまでもカラオケ上達法なので、今回は省きます。
誰もが手軽にできて、なおかつ音痴を治すことが期待できるトレーニング方法を紹介していきます。

 

発声練習の大切さ

発声練習を日頃から行わないで突然カラオケで大きな声を出すと喉を痛めてしまったり、声がかすれてしまいます。
また日常の生活では地声がほとんどで、歌のように高音を出す時がありません。
無理に喉から押し出すように高音を出すとカラオケ上達どころではなくなってしまう事態にもなりかねませんので注意が必要です。

 

まずはドレミを正確に

最初に行う発声練習はドレミです。音符にしたがってドレミファソラシドを一個ずつ丁寧に声に出してみましょう。
最初から声に出すとずれてしまいがちになるので、まずはハミングで鼻歌感覚で唱えるのが簡単なやり方です。
注意点は無理して高い音を出さないことです。
さらに、慣れてきたら、一つの音符に対して五秒間静止した状態を保ってください。例えば「ドーー」こちらを五秒間、次に「レーー」こちらも五秒間といった具合です。
音痴と言われている人は音程が安定していない傾向にありますので、これで自分の声のブレを改善できます。

 

舌をたくさん使おう

唄っている最中は無意識のうちに舌がたくさん運動しています。
日本語ではラ行が一番舌を酷使するので「ラリルレロ」を繰り返し声に出して意識して舌を動かしてください。
よく早口言葉をアナウンサーが正確に言うことができたりします。これは日頃から発声練習をして舌を動かしているので、スムーズに音を出せるのが要因です。
はっきりとした声を出すことができれば声の芯が太くなって安定します。唄っている時も音程を調整しやすくなりますので効果的な練習方法です。

 

腹式呼吸を覚えよう

腹式呼吸という言葉は聞いたことがあるかと思います。
オペラ歌手は太い声で喉を震わせて重低音から高音、裏声まで数オクターブの声を自在に操ります。
しかし、素人の方がこれをやると声は枯れてしまいますし、第一に頑張っても高音がそこまで出せないかと思います。
オペラ歌手の方はよくお腹に手の平を当てて唄っていますが、実はこれが腹式呼吸なのです。

 

腹式呼吸は日常生活で言えば『あくび』が該当します。あくびをするときは自然に人は腹式呼吸になっています。
対して激しい運動をしたあとは胸と肩を揺らしてハアハアしますね。こちらは酸素を早く取り入れるための行為なので腹式呼吸とは逆の呼吸法となり歌を唄う面では向いていません。

 

腹式呼吸の練習方法

腹式呼吸は発声練習には欠かせない練習方法です。
ここでは気軽にできる簡単な練習方法を紹介します。

 

まず、腹式呼吸の大原則は『口で息を吐いて鼻から吸う』ということを覚えておいてください。
歌を唄っているときは常に声とともに息を吐いています。腹式呼吸を身につけていないと途中で酸素不足になって口から呼吸を余儀なくされて歌が中断してしまいます。
プロの方は唄っているときは最大限鼻から息を吸い込んで腹式呼吸をしてます。

 

まずはお腹に片方の手の平を当ててください。
次に、もう片方の手の平を口の前に持っていき、寒い日に手を温める感じで「はあーーっ」と息を吐いてください。このとき、息が続かなくなるまで吐き続けるのがポイントです。
お腹に若干力が負荷しているのが感じられると思います。
最後まで吐き終わったら、今度は鼻で息を吸い込んでください。このときのポイントはただ吸い込むだけではなく、頭、喉、胸、お腹、下腹部、足と酸素が全体に行きわたるようにイメージしながら吸ってください。

 

この一連の動作が腹式呼吸となります。
声に出さなくとも腹式呼吸の練習はできますので、どこでもちょっとした時間に練習をすることができるのがメリットです。
この腹式呼吸の時間が短い人はお腹の筋肉が足りていないことが挙げられるので腹筋を鍛えることをおすすめします。

 

このように発声練習を日々行って、歌を唄う前の土台をつくっておきましょう。

 

発声練習をしよう関連ページ

音痴な人は音程とリズムが狂っている
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
必見!音程の簡単な合わせ方
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
音程よりもまずはリズムに乗ろう
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
歌手デビューも夢じゃない。カラオケで人生が変わる
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
何度も聞いて歌詞とメロディを頭に叩き込もう
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
自宅で練習しよう。コツは巻き戻して何度も聞くこと
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
速効性がある高い声の出し方講座
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
最近流行っている一人カラオケで恥じることなく唄おう
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
裏声の出し方
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
ビブラートをきかしてプロ並の歌声を
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
ロック音楽は音程を聞きとりづらい。バラードで練習しよう
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
自分の順番に備えて喉の万全を
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?