脱音痴でカラオケが好きになるサイト

自宅でプロのレッスンを体験して音痴を克服しよう

音痴を克服する手っ取り早い方法ってやっぱりボイストレーニングに通うことですよね。

プロの先生のレッスンを受ければ唄い方のコツやリズムの取り方など、詳しく指導してもらえてあっという間に歌唱力が上達します。

でも、近くに教室がなかったりレッスン代が高かったりしてなかなか通えないのが現状・・・。

そんな方におすすめなのが、「音痴克服DVD」

これはフジテレビの企画で、2週間で音痴の女性を上達させたという実績を持つイケメンボイストレーナーのメソッドがつまった教材です。

レッスンに通わないと教えてくれないような特訓法やトレーニング方法を収録、またボーナス特典としてメンタルトレーニングブックやメールサポートなどもあり、自宅でこっそりと音痴克服の練習ができます。

値段は9800円で90日間の返金保証もあるので、本気で音痴を克服してカラオケ上手になりたい!という方はぜひ試してみてはいかがでしょう。

>>「音痴克服DVD」の詳細はこちら<<


アルコールを飲むと声が通るって本当?

カラオケでアルコールはつきものです。カラオケでもお酒飲み放題は現在では当たり前にあるサービスですし、スナックなどお酒を提供する場所にもカラオケは必ずと言っていいほど設けられています。
人前で唄うというのは恥ずかしいことですのでアルコールを飲んである程度ほろ酔い気分にならないと唄えないと言う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

また、居酒屋でお酒を飲み交わした後に二次会としてカラオケに行く方々もいます。
しかし煙草と同様にアルコールも喉にはよくないことを理解しておきましょう。

 

アルコールと喉の関係

他頁では煙草は喉に悪いことを説明しました。理由は簡単に言えば煙草の熱気が口の中と喉を乾燥させるからです。
それと同じことがアルコールにも言うことができます。

 

アルコールを飲むと体内が水分を必要とします。
多量にお酒を飲むと喉が渇きますね。それはアルコールが口の中と喉から水分を奪ってしまうからです。
喉が乾燥すると声帯の負担が増えますので、唄い続けていると喉を痛めてしまうきっかけとなります。

 

音程も外してしまう

アルコールを摂取すると頭がふらついて酔ってしまいます。
すると、声も不安定となっておぼつかなくなります。その状態で唄うと、音程を合わせることができなく、特に低音がブレてしまいがちになります。

 

アルコールにはメリットがある

しかし、煙草と異なりアルコールには二つのメリットがあります。

 

一つは全員が酔っているため、例え音程を外しても関係なく盛り上がれることです。
「酔ってるから思うように唄えない」とでも言っておけば、自分のカラオケ下手は無視されることでしょう。

 

もう一つのメリットは『アルコールは体内の温度を上げること』です。
アルコールを飲んだ後に唄ったら高音が出るという経験をされた方もいるでしょう。
自分はむしろ素面よりアルコールを摂取した方が上手く唄えると。これはアルコールにより喉が温まっているため一時的に声の通りがよくなることが原因です。

 

少量のアルコール摂取であればこのようなメリットもありますが、基本的にアルコールは喉に悪いということは間違いありません。
カラオケで歌を唄うというのがあらかじめ分かっているならば、お酒はなるべく控えるようにしましょう。
また、どうしてもお酒を多量に摂取してしまった方は脂分の多い唐揚げなど揚げ物を食べてください。
脂分が喉に膜を貼って水分の蒸発を防いでくれます。

アルコールを飲むと声が通るって本当?関連ページ

煙草は絶対駄目。自分にも周囲の人にも迷惑
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?
感情に身を委ねるな。音痴な人はメロディを聞かない
このサイトは、音痴ゆえにカラオケが嫌いになってしまったという人に向けた、簡単な上達法と選曲の仕方を紹介します。あなたもこれを読んで音痴・カラオケ嫌いを克服しませんか?