脱音痴でカラオケが好きになるサイト

自宅でプロのレッスンを体験して音痴を克服しよう

音痴を克服する手っ取り早い方法ってやっぱりボイストレーニングに通うことですよね。

プロの先生のレッスンを受ければ唄い方のコツやリズムの取り方など、詳しく指導してもらえてあっという間に歌唱力が上達します。

でも、近くに教室がなかったりレッスン代が高かったりしてなかなか通えないのが現状・・・。

そんな方におすすめなのが、「音痴克服DVD」

これはフジテレビの企画で、2週間で音痴の女性を上達させたという実績を持つイケメンボイストレーナーのメソッドがつまった教材です。

レッスンに通わないと教えてくれないような特訓法やトレーニング方法を収録、またボーナス特典としてメンタルトレーニングブックやメールサポートなどもあり、自宅でこっそりと音痴克服の練習ができます。

値段は9800円で90日間の返金保証もあるので、本気で音痴を克服してカラオケ上手になりたい!という方はぜひ試してみてはいかがでしょう。

>>「音痴克服DVD」の詳細はこちら<<


カラオケに関する雑学記事一覧

まだ学生の方はいまいちピンとこないかもしれませんが、社会人になったら必ずカラオケは必要になってきます。なぜ社会人でカラオケが必要なのか。それは二つの理由があり、一つは会社の同僚、上司たちと親睦を深めるためにしばしばカラオケが利用されます。カラオケという娯楽はすべての年齢層に向けて有効的であり、世代関係なく楽しむことができるからです。例えば50歳の上司と20歳の会社員がカラオケに行ったとしても、お互...

大学生や社会人ともなれば、避けては通れないのが飲み会です。また、サークルのコンパや彼氏彼女をゲットする合コンも一度や二度経験することでしょう。程良くアルコールが入って、皆テンションが上がったら必ずと言っていいほどカラオケが候補に挙げられますね。皆で唄って騒いで賑やかな時間を過ごせば、それだけで今まで以上に相手と親しくなることが期待できます。しかし、歌が苦手な人はこの方向性に持っていくことをなんとか...

バラードで女性の見る目が変わる歌にはそれぞれジャンルというのものがありますね。ヒップホップ、ジャズ、R&B、テクノ、ボサノヴァ、ロックなど多岐にわたります。その中の一つにバラードというジャンルがあります。バラードの定義は難しいのですが、一般的には・ゆっくりとした曲調・ハーモニー・恋愛などのドラマ性ある歌詞・イントロとサビの部分の盛り上がりの差がある・低音から高音へと上がっていくなどと言われています...

中学生、高校生にとってカラオケは社交の場であり、仲の良い友人同士で頻繁に足を運んでいる方も多いはず。ときには男女集まってパーティールームでカラオケ大会をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。カラオケで上手い歌が唄えるというのは、この年代の男性女性からしてみたら憧れですし、モテるステータスの一種にもなっています。「○○君ってすごい歌上手いよね!」「○○さんの歌声普段とギャップがあっていいよね...

みんなが盛り上がっている中自分は孤立普段カラオケは皆さんどんなケースで行くことが多いでしょうか。「仲の良い友人と」「彼氏、彼女と」「家族皆で行く」などでしょうか。中でも多くの場合は友人と行く場合が大半を占めるかと思います。もし歌が下手ならば、気軽に友人の誘いを受けることもできないでしょう。「俺(私)は今日は遠慮しておくよ」と場をシラけさせるような言動をついつい言ってその場をやり過ごしてはいませんか...

歌が上手い人は耳がよくて音程やリズムに狂いが生じると分かるものです。逆に歌が苦手な人というのは音程が合っていなくとも合わせようとせずにそのままの声調で唄ってしまいがちです。歌が上手い人から見ると、それはなかなか聴くに耐えないところがあり、ときには指摘してきして矯正させようとする人もいます。音痴改善教室になり、恥ずかしい経験をA君は久しぶりに気の合う仲間たちとカラオケに行きました。本音を言うと、あま...

採点マシーンは音程、ビブラート、リズムなどから総合的に判断します。本来プロの歌手が自分の持ち歌を唄えば当然100点を取るはずです。なぜなら、その歌がオリジナルなのですから。しかし、テレビ番組を見ていても、そういったプロの歌手でも80点前後をさまよっている光景をよくみます。プロでも100点は取れない理由自分の持ち歌を唄えば満点取れるのは当たり前ですね。特に自分が作詞作曲したのであればなおさらです。自...

カラオケはもちろん歌を唄う場所です。しかし、カラオケが苦手な方はせっかくカラオケに皆と行っても唄うことをためらってしまいます。しかし、カラオケで唄わないという行為はボーリングに来てボールを投げないのと同じことということを改めて認識してください。歌が苦手というのは理由にはならないボーリングが下手な人はたくさんいますが、それでもボーリングに行ってボールを投げない人はいませんね。もちろん強制的に自分の番...

「なかなか採点マシーンで高得点が出ない」「音程を合わせるのがやっぱり苦手」このような人にとっておきの方法を紹介します。おそらく誰もが簡単に一定以上の得点を出すことができることでしょう。キーコントロールを使いこなそうカラオケの機能の中にはキーをコントロールすることができます。他の頁では高い声を出せば上手く唄えるということを説明しましたが、特に男性はなかなかその高い声が出せない人が大勢います。その際に...