脱音痴でカラオケが好きになるサイト

自宅でプロのレッスンを体験して音痴を克服しよう

音痴を克服する手っ取り早い方法ってやっぱりボイストレーニングに通うことですよね。

プロの先生のレッスンを受ければ唄い方のコツやリズムの取り方など、詳しく指導してもらえてあっという間に歌唱力が上達します。

でも、近くに教室がなかったりレッスン代が高かったりしてなかなか通えないのが現状・・・。

そんな方におすすめなのが、「音痴克服DVD」

これはフジテレビの企画で、2週間で音痴の女性を上達させたという実績を持つイケメンボイストレーナーのメソッドがつまった教材です。

レッスンに通わないと教えてくれないような特訓法やトレーニング方法を収録、またボーナス特典としてメンタルトレーニングブックやメールサポートなどもあり、自宅でこっそりと音痴克服の練習ができます。

値段は9800円で90日間の返金保証もあるので、本気で音痴を克服してカラオケ上手になりたい!という方はぜひ試してみてはいかがでしょう。

>>「音痴克服DVD」の詳細はこちら<<


カラオケの上達方法記事一覧

音痴と呼ばれている人は、音程とリズム感に問題があります。また、もともと音痴の人もいれば、思春期の際変声期を迎えたことによって音程が合わせられなくなったという人もいます。しかし、音痴やリズム感を治す前に、本当に自分は音痴でリズム感がないのかという疑問に突き当たることでしょう。歌の上手い友人に「お前歌下手だな」と言われたことがあっても、平均的には上手いかもしれませんね。また、唄うのが下手であっても、音...

ここではカラオケに行ったときの、簡単な音程の合わせ方をご紹介します。一人カラオケだとなんら音程を気にすることもなく自由に唄うことができます。しかし、友人、会社の同僚など複数人で行ったときは、上手く唄えるか心配になってくるのではないでしょうか。自分の歌に自信がない人は、少なくとも初めて唄う曲はチョイスしないかと思います。下手の中でも自信がある曲ばかりを選曲しているのではないでしょうか。それでは心の底...

「リズムと音程はどちらが大切なの?」そう疑問に思われる方もいるかと思います。答えはもちろん両方です。どちらか一方が抜けていても歌唱力は著しく落ちてしまいます。カラオケの採点マシーンでも声の抑揚を採点してリズムの点数が表示されますね。やはりリズムと音程は上手く唄うためには欠かせないスキルと言えます。しかし、リズムに乗ることさえできれば、多少音程を外しても歌が上手く聞こえるのです。ですので、どちらが最...

「自分は歌唱力には自信があるから、歌手になりたい」そう芸能界を夢見ている男性女性も多いはずです。自分で吹き込んだカセットをレコード会社に送ったり、レコード会社と契約できるコンテスト、オーディションに参加したことがあるという人も中にはいるのではないでしょうか。そんな方には朗報です。実はカラオケを通してプロの歌手への道が開けることもあるのです。近年のレコード会社事情最近のレコード会社は素人発掘に力を入...

カラオケに行く前に最初にやることは自分が唄う曲をリストアップすることでした。次に行うのは実際に聴いてみることです。CDを買ってきても、ユーチューブで聴いてもいいでしょう。但し、歌詞は絶対に必要です。CDであれば歌詞カードが付属されています。ユーチューブであれば歌詞テロップが付いているものを探してください。またネット検索で歌詞をアップしているサイトを探してみるのも効果的です。とりあえず何度も聴く自分...

カラオケに行く前にまずは自分で唄ってみないことにははじまりません。前頁では「アーー」と声を出して自分と歌手の声を合わせる方法をご紹介しましたが、今回は実際唄ってみましょう。自宅で唄えば恥ずかしいことはありませんので、思う存分唄うことができます。まだあくまでも練習段階なので音を外すことに怖がらずに精いっぱい唄いましょう。唄っている最中は音楽に集中して唄っているとついつい自分も歌手になった気分で熱唱し...

近年は男性歌手の中でも歌唱力がある人たちが増えてきて、幅広い音域をもつ歌がたくさんあります。しかし、かれらは毎日何時間も特訓を積んでいるプロの方々であり、ただのカラオケ好きの初心者の方には見よう見まねで唄えるような代物ではありません。しかし、「この歌好きでカラオケに行くと絶対唄っているんだけど、ところどころに高音があるんだよね」という方も実際は多いはず。日頃から高音を出せる練習をしていれば解決する...

最近『一人カラオケ』なるものが流行っているのはご存知ですか?カラオケ店の中には一人カラオケ専用のお店が出てきたくらい通常化されつつあります。受付で「何名様ですか?」と訊かれて「一人です」と答えるのはなんとなく抵抗がありますね。それは通常カラオケというのは複数人で盛り上がって楽しむところだという固定観念があるからです。しかし、近年ではその傾向も徐々に薄まり、一人でカラオケに訪れる人も多くなってきてい...

カラオケで裏声で唄う場面も多々あります。曲によっては裏声を出さないと地声では音域が足りないものもありますね。ではこの裏声の出し方を今回はご紹介してみましょう。裏声はみんな出すことができる裏声はビブラートと異なり、誰もが簡単に出すことができます。まず、一日数回、必ずみなさんは裏声を出しています。それは『あくび』です。伸びをしながらあくびをしたときはみなさん往々にして喉が開いて裏声を出しています。つま...

採点マシーンは主に『音程、リズム、ビブラート』の三つから点数を弾きだします。中でもビブラートは点数の追加ポイントとしての役割があり、いままで80点半ばを前後していた人もビブラートができるようになれば平均90点代も夢ではないでしょう。また、歌が下手な人もビブラートを覚えれば音程の減点分を埋めるくらいになるかもしれませんね。ビブラートとはプロの方が主に行うテクニックの一つです。採点マシーンでビブラート...

ここでは日頃から行いたい発声練習の方法に関してまとめたいと思います。まず発声練習は常に喉と声の状態を自分の理想に維持するための必要不可欠な練習です。もちろんプロの歌手を目指す方でないかぎりは毎日欠かさず行う必要もありませんが、時間に暇があったときは意識して練習すると音痴改善への道が近くなることでしょう。発声練習を効果的にするには食事療法や腹筋のトレーニングもありますが、このサイトではあくまでもカラ...

歌の練習をカラオケで行うにあたって、必ず注意して欲しい事項があります。それは『ロックの歌で練習を行わないこと』です。また、流行のビジュアル系バンドや軽快すぎる音楽、早い曲調の音楽もご法度です。練習の目的を明確にしようこのサイトでご紹介するのは何度も言わせていただいておりますが、音痴を治してカラオケを上達することが目的です。先に説明した歌をカラオケの練習目的として使用するのは適しているとは言えません...

カラオケに複数人数で行ったら自分の番が回ってくるまで何をしていますか?ただ唄っている人の歌声や曲探しに夢中になっているようであれば、それは時間がもったいないです。自分の順番が来るまで、喉の調子を万全にしておくことをおすすめします。声を出しておく他の人が唄っているときは、自分も小さな声で唄ってみるか、もしくはハミングして練習しておきましょう。大きな声を出してしまうと聴いている人、唄っている人が不愉快...